佐藤大樹の筋肉がセクシーでヤバい!ファンも大絶賛の色気ムンムン肉体美!

俳優
Pocket

EXILEの最年少メンバーとして大活躍の佐藤大樹さん。

 

2014年から活動し始めるも早くから頭角を現し、その存在感は注目の的。

 

抜群の運動神経で華麗にダンスするその姿がとにかくカッコイイ。

 

まさに、鍛え上げられた筋肉だからこそ、出来る芸当でしょう。

 

そんな気になる佐藤大樹さんの惚れ惚れする筋肉について迫ります。

佐藤大樹の筋肉がセクシーでヤバい!

佐藤さんの鍛え抜かれたセクシーな筋肉とは一体どんなものなのでしょうか。

出典元:twitter

 

これはヤバいですね!

 

色気ムンムンね!

 

端正な顔立ちでありながら甘いマスクからの、この細マッチョ

 

そして、この筋肉美で踊る華麗なダンス

 

そりゃあ、たまりませんね。

佐藤大樹の筋肉にファンは?

では、そのような佐藤大樹さんの筋肉にファンはどう思っているのでしょうか。

 

その想いをファンはこのようにコメントしています。

すさまじい筋肉や
まるで筋肉が踊ってる
かっこよすぎて無理
筋肉エロすぎ
強烈にエグイ

もう大絶賛ですね。

 

筋肉がこれほどまでにセクシーな男って、そんなにいないもんね

 

ほんと、そうですね。

 

ついでに、佐藤さんのプロフィールも見ておきましょう。

佐藤大樹のプロフィール

出典元:twitter

生年月日:1995年1月25日
出身地:埼玉県白岡市
血液型:A型
職業:ダンサー・俳優
レーベル:rhythm zone
事務所:LDH JAPAN
所属グループ:EXILE・FANTASTICS

2020年4月、現在の佐藤大樹さんは25歳。

 

身長173cm 体重59kg

 

ちなみに名前は「サトウ タイキ」です。

 

よく「ダイキ」と間違われると佐藤さんは言っています。

筋肉が常に体に「待機」している…

このように覚えると、より記憶に残りやすいかもしれませんね。

あっ、筋肉が常に体に待機している男が華麗にダンスしてる!
その名も佐藤大樹!

ちょっと待ったぁ!待機なだけに…

 

……。

そうですね。

 

ちょっと、ややこしいですね。

 

普通に覚えましょ。

佐藤大樹の筋肉(腹筋)はいつから

出典元:twitter

それでは、佐藤さんはいつから筋肉を鍛え始めたのでしょうか。

 

なんでも小学4年生から中学3年生にかけてサッカーをやっていたそう。

 

ポジションはディフェンダーだったみたいですね。

 

しかし、当時は筋トレには積極的に励んでいたわけではないそうです。

 

本格的にやりだしたのが2014年にEXILEに加入してからみたいですね。

 

なので、EXILEに合格する前は腹筋や体の作りがまだ甘かったので、

 

その頃の佐藤さんの体つきを見た人は、

 

「腹筋が残念」「筋肉のつき方が弱い」といった声も、ちらほらありましたね。

 

ちょうど「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」の頃ですね。

 

もちろん今は細マッチョでバッキバキの腹筋です。

 

大変な努力をされたのは、あの体つきををみれば一目瞭然ですよね。

 

その甲斐あって、2016年12月にはFANTASTICSのリーダーとして認められています。


佐藤大樹の筋肉弾道団ユニットとは

出典元:twitter

筋肉弾道団ユニットなるものをご存じでしょうか。

 

このユニットはEXILEのメンバーである関口メンディーと一緒に結成したものですね。

 

なんでも年齢は4つ違えど、誕生日が同じということもあり、お互いにとても仲良しだそう。

 

その仲の良さは「週間EXILE」の中で繰り広げられる2人のショートコントや絶妙な話芸を見れば一目瞭然です。

 

それだけ器用というか多才なんだね

 

ちなみに、EXILEや音楽活動以外にも、

 

映画「4月の君、スピカ。」では主演を務める等、その多才ぶりは折り紙付きです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

佐藤大樹さんの色気ムンムンの筋肉にメロメロにさせられたのではないでしょうか。

 

ファンの声がそうであるように…。

 

筋肉が似合うだけでなく、セクシーでダンスも上手ですからね。

 

そりゃあ絵になりますよね。

 

しかもイケメンとこれば、もうたまりません

 

そして、まだ20代と若いだけに、これからの多岐にわたる活躍が楽しみですね。

 

この素晴らしい筋肉をフルに活かして頂点?目指して活躍されることを心より応援しておりますぞよ!

俳優
シェアする
ゲンシロウをフォローする
スポンサーリンク
芸能百裂拳

コメント